About us

日々の家事・育児で無理をしたり、
頑張りすぎたりしていませんか?

入通院等で家事・育児ができないとき
抱え込まずに周りの助けを使ってもらいたい、
少しでも楽しく子育てできる世の中にしたい

そんな想いから生まれた商品です。

○○保険の4つの特長

Features
  • 01

    入院やケガによる通院のとき、家事代行・シッターサービス等の利用代金を、利用回数に関わらず、入院は合計15,000円まで、通院は合計5,000円まで受け取れます。

    • ※「妊娠・出産」による入院等補償の対象とならない場合があります。
    • ※通院は通院日を含めて7日以内に負担した家事代行費用の額の50%が 補償されます。
    • ※入院は入院中および退院の日を含めて30日以内に負担した家事代行費用が補償されます。
    • ※1回の事故により複数回通院したとしても、補償対象となるのは初回の通院のみとなります。
    • ※利用するサービスによっては家事代行・シッターサービス等にあたらない場合もあります。
  • 02

    産後うつ等、メンタル疾病と診断されたときに利用した家事代行・シッターサービス等の利用代金を、利用回数に関わらず、合計して15,000円まで受け取れます。

    • ※15,000円まで受け取った場合、その保険期間中の当該補償はなくなります。(契約を更新した場合は更新後の各保険期間毎に15,000円まで補償されます。)
    • ※産後うつ等、メンタル疾病と診断された場合、診断日を含めて30日以内に負担した家事代行費用が補償されます。
  • 03

    たとえば、入院により利用した家事代行費用を15,000円まで受け取った3か月後(同一保険期間内)にまた入院した場合でも、15,000円まで家事代行費用が補償されます。

    • ※入院やケガによる通院のときの1保険期間(1年間)におけるお支払額の合計の上限は30万円となります。
    • ※退院後すぐの再入院など、補償の対象となる期間が重なる場合、前の入院についての補償の対象となる期間が終了するまでは、後の入院についての補償は開始されないことがあります。また、退院後にケガで通院を開始した場合、通院の時期によっては後のケガでの通院が補償されないことがあります。
    • ※補償の対象となる期間は入院や通院によって異なります。
  • 04

    加入から保険金請求までスマホで簡単にお手続きいただけます。

Insurance

補償内容

スマホで簡単手続き 保険料月額500円

ケガで通院※(1),(2)

お受け取り額

家事代行利用額の50%

最大5,000円/通院1回

通院日からその日を含めて7日以内に発生した家事代行・シッターサービス等の利用額の50%(その事故における初回通院のみがお支払いの対象となります)

保険期間ごとのお支払い限度

入院やケガによる通院をされた場合の支払額を合計して30万円まで※(3)

活用事例はこちら

ケガまたは病気で入院※(1),(2)

お受け取り額

家事代行利用額

最大15,000円/入院1回

入院中および退院の日からその日を含めて30日以内に発生した家事代行・シッターサービス等の利用額

保険期間ごとのお支払い限度

入院やケガによる通院をされた場合の支払額を合計して30万円まで※(3)

産後うつ等のメンタル疾病と診断※(1),(2)

お受け取り額

家事代行利用額

最大15,000

診断日からその日を含めて30日以内に発生した家事代行・シッターサービス等の利用額

保険期間ごとのお支払い限度

1回限り

  • ※(1)通院、入院、診断の原因となった疾病の発病、または事故による傷害の発生が責任開始期より前であるときは、お支払いの対象外となります。
  • ※(2)妊娠・出産または精神障害による入院等、保険金をお支払いできない場合があります。その他お支払いできない場合については、重要事項説明書および約款をご確認ください。
  • ※(3)保険期間ごとのお受け取り上限は、ケガで通院された場合のお受け取り額と、ケガまたは病気で入院された場合のお受け取り額の合算となります。

活用事例はこちら

お受け取り
いただける事由
お受け取り額 保険期間ごとのお支払い限度 月々の保険料
ケガで通院
※(1),(2)

活用事例はこちら

家事代行利用額の50%

最大5,000円/通院1回

通院日からその日を含めて7日以内に発生した家事代行・シッターサービス等の利用額の50%(その事故における初回通院のみがお支払いの対象となります)

入院やケガによる通院をされた場合の支払額を合計して30万円まで※(3)

500円

ケガまたは病気で入院
※(1),(2)

家事代行利用額

最大15,000円/入院1回

入院中および退院の日からその日を含めて30日以内に発生した家事代行・シッターサービス等の利用額

産後うつ等
メンタル疾病 と診断
※(1),(2)

活用事例はこちら

家事代行利用額

最大15,000

診断日からその日を含めて30日以内に発生した家事代行・シッターサービス等の利用額

1回限り
  • ※(1)通院、入院、診断の原因となった疾病の発病、または事故による傷害の発生が責任開始期より前であるときは、お支払いの対象外となります。
  • ※(2)妊娠・出産または精神障害による入院等、保険金をお支払いできない場合があります。その他お支払いできない場合については、重要事項説明書および約款をご確認ください。
  • ※(3)保険期間ごとのお受け取り上限は、ケガで通院された場合のお受け取り額と、ケガまたは病気で入院された場合のお受け取り額の合算となります。

メンタル疾病

躁うつ病、うつ病、産褥(さんじょく)期うつ病、対人恐怖症、パニック障害、適応障害、統合失調症、自律神経失調症などが該当します。

case

こんなときに
使えます

ケガで通院をした場合

調理中の切り傷・火傷等で病院へ→炊事ができなくなってしまった→宅食サービス(代金3,000円)を利用する→保険会社へ保険金の請求。利用代金の半額(1,500円)を受け取り
  • ※出前やフードデリバリーサービス等は対象外となります。
  • ※上限5,000円となります。
ケガでの通院なら、利用代金の半額(1,500円)をお受け取りいただけます!

産後うつと診断された場合

産後うつと診断→家事に子育てに心配が尽きない→家事代行(代金15,000円)を利用する→保険会社へ保険金の請求→利用代金の全額(15,000円)を受け取り
  • ※診断日を含めて30日以内に利用した家事代行・シッターサービス等が対象となります。
  • ※入院診療計画書等の証明書の発行に係る費用はお客さまのご負担となります。
  • ※上限15,000円となります。
産後うつの診断なら、利用代金の全額(15,000円)をお受け取りいただけます!

Overview

商品の概要

主な取扱

ご加入いただける方 18~49歳の女性・男性
保険料 月500円 ※性別年齢問わず一律
保険期間・保険料払込期間 1年※初年度は責任開始期から契約日までの期間も含みます。
保険料払い込み方法 月払い/クレジットカード
更新 自動更新(10年または50歳が更新限度)
一時金お受け取り方法 銀行口座
電子マネー※PayPay(PayPayマネーライトが付与されます。出金はできません。)、d払い、auPAYプリペイドカード、ソフトバンクカードが対象となります。

保険料のお支払い

決済方法

クレジットカード

お申し込みは
ネットで完結

お申し込みはコチラ

faq

よくあるご質問

Q

どうやって申込めばいいの?

第一スマート少額短期保険株式会社(以下、第一スマート)ホームページの「 お申し込み」より直接お申し込みください。

Q

補償はいつから開始しますか?

第一スマートが保険契約の申込みを承諾した場合に、保険契約の申込み日から補償が開始されます。

Q

新型コロナウイルス感染症にかかったことがあっても入れますか?

2年以内に入院したことがある場合は加入できません。ただし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による宿泊療養・自宅療養が終了している場合はお申し込みいただけます。

Q

補償対象となる家事代行・シッターサービスには何がありますか?

被保険者が負担した次の費用を補償いたします。詳しくは「こちら」を参照ください。

① ホームヘルパー雇入費用
② 清掃代行サービス業者利用費用
③ ベビーシッター雇入費用
④ 託児所・保育所等の費用
⑤ 衣類クリーニング業者利用費用
⑥ 配食パッケージサービス費用

Q

ケガによる通院の途中で入院をしたり、入院中にメンタル疾病と診断された場合など、複数の補償対象事由に同時期に該当した場合、補償はどのようになりますか?

病気・ケガによる入院の補償対象期間(※)中に、新たに入院した場合、前の入院についての補償対象期間が終了するまでは、後の入院についての補償は開始されません。
したがって、このような場合は、前の入院についての補償限度額に達した後であっても、前の入院についての補償対象期間が終了するまでは、後の入院に起因する家事代行費用は補償されません。
また、後の入院に起因する家事代行費用を補償する期間は、前の入院の補償対象期間と重複する期間を除いた期間となります。
その他、補償対象期間が重複した場合の取扱については、当社ホームページ上の「よくあるご質問」をご確認ください。

※補償対象期間とは、対象の事由が病気・ケガによる入院の場合、入院中または退院の日からその日を含めて30日以内の期間を指します。

Q

家事代行の定額利用サービスを利用しました。保険金は支払われますか?

はい。定期的に利用し、定額料金を支払うサービスについても補償対象となります。

  • ご利用毎の料金の定めがある場合は、その料金をお支払いします。
  • ご利用毎の料金の定めがない場合は、補償対象期間における最初のサービス利用日に費用が発生したとみなし、その利用日が属する期間に支払うべき定額料金を費用とします。(定額料金の支払対象となる期間が1か月を超える場合は、1か月を期間とし、当会社の定めるところにより1か月に換算した額を費用とします。)
Q

保険金の請求には何が必要ですか?

保険金請求には以下の書類が必要となります。

①入院、通院、メンタル疾病との診断を証明する書類

入院(病気はア・イ、ケガはウ・エ・オのすべて。交通事故の場合はカもご提出ください)

事由 提出書類
病気 入院計画書(病名が分かるもの)
退院証明書または領収書(入院期間が分かるもの)
ケガ 全ての事由 入院計画書(病名が分かるもの)
退院証明書または領収書(入院期間が分かるもの)
事故状況報告書
交通事故の
場合のみ
交通事故証明書
交通事故の場合ご提出ください

通院(ア・イの両方。交通事故の場合はウもご提出ください)

ケガ すべての事由 そのケガで最初に通院した診療明細書または診療報酬明細書等
(通院日と初診であることが分かるもの)
事故状況報告書
交通事故の
場合のみ
交通事故証明書
交通事故の場合ご提出ください

メンタル診断と診断

メンタル疾病 診断書(当社所定の診断証明書)

②家事代行・シッターサービス等を利用したことを証明する書類

家事代行・シッターサービス等を利用した際の領収書(利用者名、利用日、利用業者名、金額が分かるもの)

※宛名のないレシート等ではご請求できません。

  • 本ページは2022年8月現在の商品の概要を説明したものであり、契約にかかるすべての事項を記載したものではありません。契約の際には、「重要事項説明書」および「約款」を必ずお読みください。
  • 補償の詳細やお支払いできない場合については「重要事項説明書」および「約款」をご確認ください。
  • 契約者が保険期間満了日に前日までに契約を更新しない旨を通知しない限り、契約は所定の更新限度まで自動的に更新して継続されます。
  • 本商品は減額のお取り扱いはありません。
  • 本商品に解約返還金はありません。
  • 他の商品に加入がある場合、補償が重複すると、いずれか一方のご契約からは保険金が支払われない場合があります。補償内容の差異や保険金額等をご確認のうえ、ご契約の要否をご検討ください。

引受保険会社:第一スマート少額短期保険株式会社
(登)DS220023